健康を維持する水ですが、その水が合わない、特に有害物質が入っていると、健康を大きく害することになる可能性があります。過去には水銀が水に含まれていたせいで、イタイイタイ病や、カドミウムが原因の水俣病のような公害が発生した歴史があります。水がいかに人体に大切であり、健康の維持に必要であるか、という過去の例を忘れないようにしてください。

これは、普段の生活にもいえることです。洗剤をしっかりと洗い流していないと、当然ながら水にもそれが影響して人体に取り入れられてしまうことになります。もちろん、微量であれば体に影響することはありませんが、それが過大であれば、当然ながら健康被害につながる恐れがあります。日々の生活で美しく、健康的な毎日を送るためにも、意識してよい水を選べるようにするとよいでしょう。有害だった水の歴史、公害の歴史は悲しいことですが、逆によい水の歴史は、現在の日本中で「名水」として多くの人に愛されています。できる限りよい水を摂取できるように、多少費用がかかってもよい水を手に入れる努力をしてみることは大切なことなのではないでしょうか。水について認識不足になってしまうと、大変危険なので、日々の生活で意識を守るようにしてください。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。